富山

【衝撃】スマート農機の活用でチューリップのネット栽培が拡大!(富山・砺波)

砺波市の県花卉(かき)球根農業協同組合が、チューリップ球根の「ネット栽培」を拡大しています。

この新しい方法は、網を使用して省力化を図るもので、生産効率の向上が期待されています。

さらに、スマート農機を活用することで、作業時間が大幅に削減されることが実証されています。

5G CONNECT

ネット栽培とは?

ネット栽培は、チューリップ球根の栽培において、網を使用して省力化を図る新しい方法です。

これにより、生産効率の向上が期待されています。

スマート農機の活用

県花卉球根農協が開発したスマート農機は、GPS機能付きで自動走行が可能です。

これにより、網の間に球根を挟んで畑に植え込む作業が効率的に行えます。

生産効率の向上

スマート農業加速化実証プロジェクトの結果、スマート農機の活用により、作業時間が従来に比べて8割減少することが確認されました。

最後に

チューリップの栽培は、日本の伝統的な農業の1つとして知られています。

しかし、近年の生産者の高齢化や重労働を嫌っての生産量の減少が問題となっています。

このような背景の中、ネット栽培やスマート農機の導入は、新しい時代の農業の形を示していることでしょう。

当記事は以上となります。

5G CONNECT